男と女

京都へ移住し早一月…。
みなさまいかがお過ごしでしょうか。 綴夜です。

京都の団地妻(!)になり、25日からは派遣でお仕事も始めました。
ほんとは1,2カ月のんびりしてから働きに出ようと思ってましたが、家に居てもすることもなく、出掛けようにも土地勘もなく、東京と違い自転車での行動範囲もたかが知れており、だったら働こうと。
価格競争があまりないのか、物価が割高に感じます。
引越しで大きなお金も使いましたし、少しでも家計に足しにできたらと思うし、

いずれ来るであろうその時 のために 資金は必要だと思いますし。




去年の今ごろ、こんな記事 書いてましたが、予感は的中するものです。
元々夫婦関係は終わってました。仮面夫婦てやつです。
子どもがいるからギリギリの均衡を保てていたようなものです。
そして私が問題を引き起こしました。 いよいよ離婚するかしないかまで迫りました。
一悶着も二悶着もあり、全責任が私にあるかのように終わりました、

家庭円満で問題を起こせば責められても反論の余地もありませんが
夫婦として終わっていて、私の人間そのものを否定され(人を人とも思わないような言動)、それでも子どものためと耐え、私が問題を起こす以前のことは夫に非はないのでしょうか。
夫も、夫の家族も、やはり私が悪いという扱いで、四面楚歌な状態です。

私がどんなに訴えてもそこはわかっていただけなかったので、今まで通り自分を押し殺して相手に従うことにしました。
私が悪者になって、言いなりになって、そうすれば満足でしょ。
3年も我慢してきたもの。あと1年ぐらいは自分を奮い立たせるわ。
私と子どものために。

わたしこども のために。


引っ越して一月、本当に色んなことがありました。
私の気持ちの起伏も、相当なものでした。
一時は子どもを手離してしまおうかと考えもしました。
やはり子どもはかわいいです。子どもは苦手ですが自分の子は違います。
子どものためになるなら、子どもが幸せに育ってくれるなら、子どもがちゃんと人の痛みもわかる子に育ってくれるなら、夫に子どもを託して去ることもできます。
夫が人として尊敬できる人間で、子どもに躾以外の手を上げず、感情的にならず、器の大きな人で、人の意見に耳を貸せる人なら、夫に子どもを託せます。
私もまだまだ、人として至らない点ばかりです。
ですが夫に子どもの将来を託すには、あまりに不安が大きいのです。

私が耐えられるところまでは耐え、頑張れるところまで頑張り、もうどうしても無理、というところまで来たら頭を下げて離婚します。
もちろんそうなる前に夫婦の改善ができればそれに越したことはありません。
ですがそれは一筋縄でいきそうにないのです。
やれるところまではやります。倒れてもいられないので、頑張れるところまで頑張ります。
こんなとき丈夫に生んでくれた母に感謝です。
「あんたをか弱いと思ってないから大丈夫」
うん、いくらなんでもお母ちゃんそれはひどいや ヽ(´▽`)/
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


あなたには、人の痛みがわかるのでしょうか?

【2012/07/02 15:33】URL | 未入力 #-[ 編集]


名前未入力さん

私をどこまで知っての発言なのか気になりますが、
「人の痛みがわかる」という言葉が気に障ったのなら言い替えます。
「人の気持ちのわかる」 子になってほしいです。

以前コメントいただいた方かはわかりませんが、名前入力をしていただけると助かります。
せっかく助言をくださるのですからなおのこと。

【2012/07/04 17:36】URL | 綴夜 #XMatgrFs[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://tsuzuya.blog72.fc2.com/tb.php/353-d4cfb638
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)