抗がん剤

前回の記事は長期入院中に投稿したものです。
長く住んでいたので、およそひと月ぶりに入院したときは普通に部屋を間違えました。(笑)



現在は月に一度入院して抗がん剤治療をしています。

職場の理解のおかげで、働きながら治療しています。
親や学校や区の施設の協力のもと、子どもとも離れず一緒に暮らしています。
彼が時間を見つけては会いに来てくれています。心の支えです。

抗がん剤は副作用も様々で、倦怠感から脱毛から吐き気までよりどりみどり!
どんな副作用も一時的には堪えるけど、子宮を失った悲しみに比べればお茶の子さいさいです。

仕事を休んだ分だけお給料が減るのであまり休みたくはないものの、一度無理して出社して
強制送還されたことがあるので「無理をしない」をモットーとしています。

治療のための入院がベッドの空き状況次第なので、予測をしていても予定通りとはいかないことが多く、しかも前日の連絡で確定するので、10日からの入院の予定でいても9日になることもあれば15日の時もある、そんな感じなのです。
で、いざ病院から連絡がきても下記条件をクリアしないとやすやすと入院できない。
1、仕事
曜日、締日等の関係で私が抜けられるか(入院から体調回復して戻るまで1週間はかかる)
2、子ども
私がいない間の息子の預け先の確保(主に私の親)
学校や学童への根回し(帰宅先の変更など)

仕事は比較的月初なら抜けやすく、親の都合としては指定の曜日があるのでそのあたりで連絡がくればドンピシャなんだけど、なかなかこちらの思惑通りといかず毎回病院に振り回されています。
そんな中で、「明日から入院してきます!」で抜けさせてくれる会社なので助かってます。
(上記条件をクリアした上なのを承知してくれているし仮の予定はあらかじめ提示している)

そんな抗がん剤もね、この間やっとやり遂げたですよ。
苦節半年。
副作用に悶え苦しみながら、全身の毛がなくなることを楽しみながら(笑)

ムダ毛の処理がいらないとかのレベルではないですよ。もう。
頭、眉、まつげ、鼻毛、腋毛、下の毛・・・ほんとに全部ないです。
映像業界で眉毛&まつげなしのビジュアル撮りたいとかって要望ないかしらってぐらい。
毛という毛が無いうえに、抗がん剤投与後は白血球数もがくっと減るので
診察で病院行くたびに「風邪ひかないでね」「ケガきをつけてね」「人ごみ行かないでね」
って言われるんだけど

「病院に来るために人ごみ(電車)に揺られて来てるんだよぉぉぉぉぉぉ!!!!!」

っていう叫びを胸に秘めながら愛想笑いしてます。へへ。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://tsuzuya.blog72.fc2.com/tb.php/372-df62bcde
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)